Crupeeの事実報告

Crupee

Crupeeが実在するかどうかの検証

Crupeeが実在する暗号資産かどうかを検証してみます。

Crupeeは良くあるイーサリアムベースのERC20とは異なり、オリジナルブロックチェーンを採用していますので、イーサスキャン等でトランザクションを確認することができません。

その辺で販売している良くわからない暗号資産は、オリジナルチェーンとうたってもそのトランザクションが確認できなかったり、ERC20ベースの暗号資産をイーサスキャンでトランザクションを確認したら、ほとんど取引履歴のない(流通していない)作っただけの暗号資産だったりします。

Crupeeはどうでしょうか?

CRUNODE

CRUNODE管理サイト(http://crunode.io/)で自分のCRUNODEを確認することができます。

管理サイトでは以下のように、自分の資産と毎日・毎週・毎月・毎年の配当履歴とこれまでの配当履歴を確認することができます。

今回は、これが単なる数字ではなく、きちんとしたブロックチェーン上の実在する数字なのかを検証します。

CRUNODEからのトランスファー

CrupeeはCRUX(https://www.cruxchange.com)という取引所に上場しているため、CRUXの自分の口座にCRUをトランスファー(送金)してみます。

Crupee Wallet にトランスファー(送金)すると、即座にHistoryに反映されます。

また、CRUNODEの Transfer History にも即座に反映されます。

トランザクションをCRUCHAIN(https://www.cruxchange.com)で検索すると、以下のようにトランザクション履歴が出てきます。

このように、Crupee(CRU)は実在するオリジナルブロックチェーンであることが確認でき、単なるデジタル数字ではないことが証明できます。

現金化

実際に毎日数万円のCRUが増え、それは実在するブロックチェーンであり、全てがCRUCHAIN上で履歴が確認できることがわかりました。

また、将来的に上場先であるCRUXで取引が可能であることもわかりました。

しかし、どのように現金化するかが問題になります。

本来はネパールでロトの販売に使われる予定のCrupeeであり、将来的にはネパール国内での決済通貨になる可能性があります。

また、ネパールでのロトが成功した暁には、バングラディッシュでのロトの販売も計画にあります。

JDP(日本デジタル仲介プラットフォーム)

ネパールでのロトの販売まで待てない人のために始まったのがJDP(韓国ではKDP)です。

一時的にJDPでCRUを販売して現金化できていましたが、ロトが始まらないといつまでもCRUの購入に繋がらないので、現在はJDP内で現金化はできない状況です。

iPOS Market

JDPに代わりスタートしたのが iPOS Markethttps://www.iposmarket.cc/)です。

iPOS Market内の資産はCRUNODEと連動しており、FreeCRUを販売することができます。

販売サイクル(周期)は紹介人数に応じて決められています。

  • 小グループの人数0人で720時間に1回(30日に1回)
  • 小グループの人数1人で360時間に1回(15日に2回)
  • 小グループの人数3人で72時間に1回(3日に1回)
  • 小グループの人数5人で24時間に1回(1日に1回)
  • 小グループの人数7人で12時間に1回(1日に2回)
  • 小グループの人数10人で1時間に1回(1日に12回)
  • 小グループの人数30人でいつでも(無制限)

1回の販売枚数は1000CRU(500USD)で、そのうち70%の700CRU(350USD)が現金化され、残りの30%(150USD)は換金手数料となる。

上の例でいうと、毎日680CRUの配当が貰えるので、1日に680URU×0.5USD×70%=238USD/日の収益、年間約90,000USD(1千万円)になります。

配当原資

この収益原資がどこから入ってくるかが一番の問題になります。

今回、Crupeeはネパールでのロト事業での売上がCrupeeの配当原資(売上の5%)になる予定です。

年間の売上目標は100億円(日本の宝くじの売上は年間約8,000億円、所得格差・人口比率を考えるとネパールは1/40の200億円が予想される)なので、その5%は5億円になります。

売上目標を達成すれば、ほとんどのNODE権利者のCRUを買い取れることになります。

ロト購入サイト

  • ロトの抽選機械は中国に制作を発注し完成しましたが、新型コロナの影響でネパールに到着していないとのことです。
  • 新聞等の広告準備は終わっていますが、新型コロナの影響ため広告を中断しています。
  • ロトくじの印刷準備までは終わっていますが、新型コロナの影響のため印刷を中断しています。
  • 2020年8月のロトくじ販売予定、10月よりCRUNODEの買取開始予定でしたが、新型コロナの影響で半年〜1年は予定が遅れていることをご了承ください。

今後の見込み

今後はネパール国内でのロトの販売がスタートし、国内で決済通貨として使われるようになると、CRUの流動性は増え、我々NODE権利者のCRUの販売が容易になってくると思われます。

更にバングラディッシュでのロトの販売がスタートすると、そのマーケットはネパールの10倍くらいが予想されます。

CRUの販売枚数とともに、CRUの価値上昇が見込まれると予想されますが、それは数年先のことになると思われます。

 

 

自由なお金と時間を手に入れる秘密の方法

世界中と繋がるインターネットを介せば、スマホとSNSがあればいつでもどこでもビジネスが可能です。
自由なお金と時間を手に入れて、世界中を旅しながらでも貰える収入を得ましょう。

仲間は日本全国どこにでもいますし、海外にお友達もできるかも知れません。

ZERO-ONE PROJECTに参加する

関連記事一覧

関連記事はありません。