PROJECTの理念

Projectの創設理念

新型コロナウイルス(COVID-19)と共存していく新時代を生き抜くために、新型コロナ対策として感染予防のために必要な備品の調達や、収入減を補う副収入の提供を行うことを目的とする。
ZERO-ONE PROJECTという名称には「無から有を生み出す(Make the impossible possible)」という意味が込められており、先ずは経費をかけずに収入を得ることを基本とする。

時代背景

時代背景

新型コロナウイルス(COVID-19)の大流行により、世界はこれまでと全く違うものへと変化を迫られます。

After Corona(新型コロナ後の世界)With Corona(新型コロナとの共存)と表されるこれからの世界では、新しい生活様式(働き方改革、新ビジネス、生活習慣)が求められます。

異常気象や地震等の大災害や新型ウイルスによるパンデミックなど、今後も起こり得る危機に際し、それに対応できるよう様々な準備をする必要があります。

新しい生活様式

After Corona、With Coronaの時代には、テレワーク(在宅ワーク)の導入が進むことで、人の流れが変わり自由な業務スタイルが確立されてきます。

外食産業も暫くは新型コロナ前の売上に戻らないと思われますので、テイクアウトや宅配など積極的に変化をしていく必要があるでしょう。

物流も大きく変わっていきます。

今までは【生産者】→【一次卸】→【二次卸】→【三次卸】→【小売業者】→【消費者】という流れだったのが、新型コロナ禍の中、生産者を守る目的で【生産者】→【消費者】という流れが出来上がりました。

全てがそうはなりませんが、今までECを経験したことのない生産者がその可能性に気づいたことで、新たな物流が出来上がるでしょう。

そうなることで、当然仲卸や小売業者の売上も減っていきます。

「夜の街」と表された「接待を伴う飲食業」や「観光業界」「交通業界」も、暫くの間売上減は免れません。

このように、様々な業種で今までと同じ業務形態では減った売上をカバーできないため、新たに変化していく必要があります。

そして、企業に変化が必要なだけでなく、人にも変化が必要です。

副収入を確保する

収入が減るのを前提に考える

企業の売上が減るということは収益も減ることになります。

当然、今までと同じ雇用を確保することは当然困難であり、政府の補償もいつまでも続く訳ではありませんから、これからも休業や人員整理(解雇)、最悪は倒産・廃業を余儀なくされるでしょう。

日本人は昔から「終身雇用」という制度が根深く、「転職をしてキャリアアップ」という文化がなかったため、何となく「いつまでも安定が続く」と思いがちである。

しかしながら、万が一、自分の身にそんなことが降りかかったらどうしますか?

厄災が降りかかってきてからでは遅いのです。

そんな時に一つでも副収入があれば、心の安定にも繋がりますし非常に助かります。

副業または複業のすゝめ

時代の変化に対応するために、本業の他に副業または複業をすることをお勧めします。

ただし、収入が減った中で新たに経費をかけることはリスクが高いため、経費をかけずに収入を得られることを目標とします。

そのためには、代理店登録費用や名刺、フライヤーなどのビジネスツール、そしてスマホ営業に必要なLP(Landing Page)などは、ZERO-ONE PROJECTで負担し用意します。

経費をかけずに副収入を得ることができたら、次のステップとしてMLMや投資運用など、更に増やすことを目標とします。

そして、資産を守ための海外口座の開設をしていきます。